2007年4月28日

(HK)606号と610号に名前が

 四川から香港まで飛行機に乗ってやってきた2匹にレレとインインという名前がついたそうです。漢字で書くと楽楽(オス・かつての606号)と盈盈(メス・かつての610号)だそうです。晴れて番号から卒業できました。

 この中国政府からの贈り物については前にこちらで少し書きました。しかし、なぜパンダに繰り返し系の名前をつけるのかという疑問が残ります。よっぽど香港の人に聞こうと思いましたが、怪訝な顔をされそうだったので断念しました。

 盈というのは見たことがない字だったので調べてみました。漢和辞典には『エイ・みちる』という読みが書いてありました。加えて『盈盈一水(えいえいいっすい)』なる四字熟語があり、『思い合う人と直接会うことのできない例え』だそうです。『大きな川に隔てられて、お互いに姿をみることしか出来ないでいる両岸の男女=彦星と織姫』という解説もありました。切なさに何か「くうっ」と来るものがあります。ちなみにこの語は漢字検定準一級レベルとのこと。盈という字が女性の流れるような美しさを意味している、と私は理解しました。
 自分の知らない、深い知識の世界を垣間見ました。

3 件のコメント:

戦場ガ原蛇足ノ助 さんのコメント...

私にとっては角盈男しか連想できない字ですが、どうでしょう、ご覧になった記憶はございませんか。http://sumimitsuo.com/profile.html

(あ) さんのコメント...

確かに言われてみれば角ですねえ。下手投げで投げている様子よりはバラエティでの姿のほうが容易に想像できます……ところで、お久しぶりです。戦場ガ原さん。

戦場ガ原蛇足ノ助 さんのコメント...

べ、別に角のことばっかり考えてるわけじゃ(略)どうも、ご無沙汰しております。